幼児教育 香川県 高松市【日研教育学院】英才教育 子ども英会話 幼稚園受験 小学校受験 積木教育

幼児教育 学習塾 香川県 高松市【日研教育学院】英才教育 子ども英会話 幼稚園受験 小学校受験 積木教育

ギルフォード積木 「知能つみき」を使ってギルフォード博士の知能構造理論に基づき、図形の立体、回転、線対称や点対称など図形を試行錯誤することで、柔軟な思考力・集中力や持続力を養うことができます。
また、計算から応用問題まで、論理的に考え説明できる学力が育ち、高い能力に成長致します。
    ● 対象 : 幼児~小学6年
    ● 形態 : 年齢別到達進度目標による指導
    ● 時間 : 1)算数教室 2)知能教室 3)スペシャル教室 各40分

算数教室

算数教室は教え込みではなく、自ら考え気付くという習慣を身に付けることです。
また、一斉授業による姿勢作りは「見る・聞く・反応する」を基本とし、出来た時の達成感や、出来なかった時の悔しさを体感することにより、より楽しく思考を高めることができます。
「考える」とは答えに行き着く階段を見つけ、一段ずつ上がることです。
言い換えれば答えを導き出す力を身につけることが出来るように成長致します。
  • 年少・年中

    腰骨を立てて座わり、話をしている人の顔をしっかり見るという姿勢作りから始めます。
    次に発問の内容をしっかり聞き、その通り行動できるよう一人ひとりの無限の可能性を高めます。

  • 年長

    姿勢作りをしながら、発問の内容を頭の中で考え、しっかり思考してから手を動かして答を作るので、深く考える子どもに育ちます。
    また、数の分解・合成(足し算)・2倍・数の転換等、理解度を見ながら、ゆっくり進めていくことで「さんすう」が大好きになります。

  • 小学1年~6年

    学年の理解度に応じて、数の2倍・1/2・3倍・少数・分数・数の転換(x・yに代入)は頭の中でイメージして、答を導き出すので思考力が高くなり、考えることが楽しい子どもに成長しています。 
    また、応用編(植木算・和差算・つるかめ算・比・割合等)は論理的に説明できる能力を養うことで、難しい問題を解くのが大好き!という粘り強い子どもに育っています。

知能教室

「知能つみき」は頭脳の「器」づくりです。
年令に応じた教材で、離れて物を見て作り、評価力を育てます。
また、色を変えたり、回転させることで、集中力や思考力を育てます。
小学生になると立体や投影図などで二次元・三次元の図形の変化を論理的に考え、思考力を高めます。
「知能つみき」は「できる!」喜びを何度も味わうので、意欲的になり、もっとしたくなり「集中力」や「持続力」がついてきます。
脳科学によると・・・
「やった!できた!!」この時、脳の中では、「ドーパミン」と呼ばれる、物質(神経伝達物質)が放出され、やがて強固なシナプス(神経回路)が形成され、ひとつの行動に練達していくことを脳の「強化学習」というそうです。
知能教室はまさに「脳の強化学習」をしているのでどの子も、年々変わってきて“凛とした子ども”に成長しています。

スペシャル教室

  • 幼児(年少、年中、年長)

    140億ある脳細胞のうち80%の配線が6歳までにつくと言われています。
    この大切な時期に備えて、プリント教材や具体物を使って総合的な領域で人間教育を実施致します。
    (全国有名私立幼稚園入試や附属小学校受験に対応)

    スペシャル教室 幼児(年少、年中、年長)

「読む」「書く」「聞く」「話す」の4つの力を育てます

  • 小学生

    確かな学力を身につけるために、プリント学習で再確認を致します。
    理解度に応じた個人指導で進級していきます。

    A)小学1年~2年

    スペシャル教室 小学生(小学1年~2年)

    B)小学3年~6年

    スペシャル教室 小学生(小学3年~6年)

    小学1・2学年は学校のテストに慣れる為、まず教科書テストから実施致します。
    3年生以上は学力が高くなりますので、応用編から実施致します。
    尚、個々の理解度により変更致します。

    C)小学4年~6年(ハイレベルクラス)

    上記に加え、国立・私立中学校入試用応用編の下記課題を実施致します。
    1)比 2)割合 3)速さ 4)平面図と面積図 5)立体図形
    (1~5の課題に対して各5段階のレベルがあります。)

ギルフォード英才 知能は多くの要素から成り立っています。
米心理学者ギルフォード博士は「知能構造論」“SIモデル”で150の知能因子で構成されているという仮説を唱えました。
「5つの領域」「5つの働き」「6つの所産」の組み合わせによる150の知能因子で構成されている。
・5×5×6=150
・図形で単位を拡散思考する(DVU)
・記号で転換を認知する(CST)
・概念で見通して評価する(EMI)
当学院はこの仮説に従い様々な角度から多面的に
刺激を与える授業を実施し個々の能力を高めていま
               すので受験のみならず高学年になるほど成果が高まるようになります。
    ● 対象 : 小学1年~5年
    ● 形態 : 1~4人
    ● 時間 : 40分~50分(入試用プリント・パスカル・思考のバイエル等も個々に指導します。)
ギルフォード英才 学習能力は読書速度に比例する!と言われています。
様々な文章を通じて、速く、広く、そして正確に読み解く力を鍛えると大切な5つの学習力を最大限に伸ばしていきます。
(全体把握力・理解力・思考力・記憶力・検索力)です。
テレビでも紹介され、脳科学的に見ても目を鍛えてより多くの情報を取り込むことで脳そのものが成長することがわかりました。
当学院の子どもたちも2・3ヶ月で「本が好きになり国語が良くなった」「読むのが速くなり、何事にも積極的になった」と嬉しい声が届いています。
    ● 対象 : 年中~高校生
    ● 形態 : 高速リスニング+国語+漢字検定学習
    ● 時間 : 60分
メールでのお問い合わせ

注目情報

特別講習会

(PDFが開きます)

英才プリスクール

全国有名幼稚園受験対応(1才~年少児)

英会話&英検コース

講師は外国人(1才~高校生)

ひだまり通信

(PDFが開きます)

教室案内